2016年04月06日

新年度(28年度)スタートです。

野口です。

新年度がスタートして早5日、大きな混乱もなく経過しております。
新人職員さんも6名いらして、オリエンテーション滞りなく行われています。

で、事務室も模様替えしまして、私のデスクもこんな感じになりました。
⇩こんな感じ
oiuhg.jpg
スッキリしましたし、仕事も捗るな~・・・

さて、新年度はというと大きなところで。

○生活介護事業所「まーぶる」の独立
○生活介護事業所「たけはら」の立ち上げ
が挙げられます。

「まーぶる」は既に高社本体から独立しているのですが更に!という事で
職員5名配置!トイレをもう一つ増!大々的な看板の設置!
何かがこの4~5月で行われます。

「たけはら」は同じ中野市ですが竹原地区に物件を賃貸しまして、主に身体に障害をお持ちの方々が
PT・ST・OTの監修で、楽しんで活動することにより結果、機能維持訓練になっちゃってる!
と言う活動場所です。
これもまた4~5月にかけて大規模改修が行われます。6月1日OPEN予定です!!

そしてなんと言っても・・・
総合安心センター「はるかぜ」のOPENが控えております。
でも・・・

4月1日OPENに辿りつきたかったのですが、人員確保が難しく。
6月1日OPENとなりました!ごめんなさい!
しかし、必ずや6月1日にOPENしますのでご期待ください!

外では新人職員の方々が中島サビ管指導の元、車いすの扱いを実習しています。
何だか楽しそうだな~。
⇩野口席の窓越しにて、新人職員が中島サビに車いすを習う画。
fgb5.jpg
という事で。今年度ものぞみの郷高社グループを宜しくお願いします。
あ、そういえば。私の名刺の裏面も付け足されて、こんな感じになりました。
⇩こんな感じ
fffw24555.jpg

野口


2016年03月31日

新人職員の方が研修に来てくださいました。

野口です。

今日は来年度より法人に勤めて頂く新人職員さんが高社に研修に来て下さりました。
で、高社職員と高社中庭にて記念写真を撮らせて頂きました。
赤丸で囲んである方が新人職員の丸山さんです。

図2.JPG
この赤丸を何もない所にずらすと心霊写真のようになりますねぇ・・・

しかし・・・
高社の職員。さも「チームです!」みたいな。
肩を組んだりしてますけど。本当に仲良いのでしょうか?

甚だ疑問ではありますが、困難なケースや局面に相対したときの
チームワークは確かに凄いです。

新人職員の丸山さんには頑張ってもらいたいな~。
福祉の仕事をするにあたって惑わされる事も沢山あると思います。

例えば・・・
理想だけ語ってで全く形にしようと実践しない人。
職員体制や人員の不備不足を、職員単独の技術と頑張りで何とかできると思ってしまうお花畑管理者。
努力と根性で何とかしろ。何とかなると考えてしまう上司。
根拠も無く「トンデモ理論」で考えた支援を強要したり、アドバイスする上司。
他にも色々。
あ~~~~~。
これ全部私の事だぁ~。
はぁ~。




え~と。まあ。そういう方々に惑わされず、唯々真摯に利用者の方々と向き合って頂きたいと思います。

野口









2016年03月18日

「はるかぜ」の説明会と完成と親父ギャグ。

野口です。
3月17日 飯山庁舎にて総合安心センター「はるかぜ」・地域生活支援拠点について
の説明会がありました。
例の如く、神戸係長と私、野口で説明させて頂きました。
⇩こんな感じ。
vdsz.jpg
参加者は当初20名くらいと聴いていたのですが、60名近くいらっしゃったのではないでしょうか。
遠くは愛知県、富山県。お隣では新潟県からも沢山参加してくださいまして・・・
本当にありがとうございます。
私の拙い説明や失言にも優しく笑って下さって嬉しかったです。
「はるかぜ」見学の際も皆さん興味深く私の話を聴いて下さって。

「廊下が長いのでルンバを三台用意します。あ?!三台だからルンバではなくサンバだ!」
という私の親父ギャグにも笑って下さいました。(う~ん。これは今後も使えるぞ・・・)

さあそして!
ついに「はるかぜ」完成です!
看板も付きました!
erte.jpg

edvfd.jpg

さあ!後は職員確保だ!
はぁ~・・・厳しい。
野口

2016年03月08日

「はるかぜ」ほぼ完成です。

野口です。
総合安心センター「はるかぜ」
完成間近。っていうかほぼ完成です!
全景はこんな感じ⇓
dcds.jpg
玄関はこんな感じ⇩(中から)
re45tr.jpg
中に入るとこんな感じ⇩広い!!(一階廊下)
fvszdfv.jpg
グループホーム「かたしお」とつながるのですが・・・

そうすると、もう凄い廊下が長くて。
シャトルランとかできそうです。
掃除も大変だからルンバを3体飼わないといけないかも。

3体だからサンバ!
ではなくルンバですよね。

しかし、相変わらず職員体制は未だ不十分でして。
何とかしないとあぁ~。
野口





2016年03月03日

合同就職説明会 in メトロポリタン

野口です。

本日3月3日。
長野市メトロポリタンにて合同就職説明会がありました。
⇩スタート前のひと時。
;l,klo.jpg
向かって左が私で、真ん中が上田支援員。右が常岩の里ながみねの池田サビ管
です。

30min1クールの6クールで学生の皆様が参加して下さったのですが。
たくさんの学生が私たちのブースに集まって下さって本当に感謝の気持ちで一杯です。

私たちの話を聞いて下さる姿は本当に真摯で、目に輝きを持っていらっしゃいました。
そして、たくさんの有り難い質問。
嬉しかったです!

是非機会、御縁があったら一緒に障がい福祉を変えて行きたいと思いますので、どうか皆さん
この出会いを忘れないでいて下さい。

本当にありがとうございました。


2016年02月28日

「ホームかたしお」に春の訪れ。

野口です。

「ホームかたしお」のディスプレイスペースにお雛様が飾られました。
おひなさん.jpg
ホームかたしおは本体事業所の「のぞみの郷高社」より南にありまして。
春の訪れも若干早いのです。

今年は暖冬で雪が殆どありませんが、降ったとしても「かたしお」と「高社」では全然雪の量は違います。

この時期になると新規事業だ人事異動だと何かと慌ただしくもあるのですが、
高社の職員は粛々と仕事を行い、利用者様も特に変わった様子なく過ごされています。

以前は「私の担当は?誰なの!?変わるの!?」
見たいな不安感が若干ありましたが、ここ数年はあまりみかけないな~。

この辺は微妙な問題で、人に依存するのかシステムに依存するのか?みたいな2元論では語れないものもあって・・・
高社はシステムに8割、人に2割って感じなのかな。

だから担当が変わると不利益が生じるということはまずありえません。
本人のニーズに対して

「特定の職員だから叶えられる」

みたいなのは殆ど無いのです。

よって後2割の方で一般的な悲しみや寂しさは当然ありますが、決定的な喪失感や不安感
みたいなのは無いですよね。

私が良く職員に話す事で・・・
「利用者様の支援が上手くいっているか行っていないかの一つのバロメーターがあります」
「それは・・・担当職員が休日の時、異動したときの利用者様の状況です」
「担当が休日の時、異動したときに不安定になる様でしたら支援は上手くいっていないという事です」
その心は?
それは考えて見て下さい。
勿論。前提としてニーズに添ったサービスが提供されているのが前提ですよ。

野口






2016年02月22日

飯伊圏域合同ケース研究。

野口です。
2月21日。飯田市で行われた飯伊圏域合同ケース研究会に講師として参加させていただきました。
こんな感じ↓ なんか偉そうに話してますね。(正村さん写真拝借しました。すいません)
10660126_1700930820125659_5859302480607860995_n.jpg
有り難いことに参加者は66人とのこと。
遠くは石川県は金沢からの参加者もいらっしゃって・・・
拙い私の話をじっと聞いて下さって、本当にありがとうございました。
こんな感じ↓
asdfgjk.JPG
事例を発表して下さった

○飯田療育センターひまわりさん
○飯田養護学校さん
○明星学園さん

本当に良い事例発表で感服いたしました。

ひまわりさんの発表者さんは懐かしい顔で・・・
1年ぶりだったのですが、何だか勇ましくなられていて。
私なんかに「そんなこと言われたかねー!」と思うでしょうが、本当にそんな風でした。

飯田養護学校さんは「え!」と言う優良事例で。
私は何か養護学校さんの取り組みを誤解していたようです。こんな素晴らしい実践をされてたのですね。

明星学園の事例もやっぱりすごいですよね。
私はリアリストです。だから奇跡とかは必ず科学的根拠があると思ってます。
明星学園の実践は奇跡が起きます。でもよく考えると科学的根拠が見えてきます。
根拠となる支援を実践することって凄い大変で・・・
職員一人一人が力を出し切らないといけません。
明星学園さんはもうそれが習慣となって慣れてしまっていることが凄いのですよね。

夜の部でも白熱した議論がありました。
私に何かお手伝いできることがあったら、気軽に声をおかけくださいね。

野口






2016年02月18日

お料理活動で、やしょうま作りしました。

お料理活動でやしょうま造りを行いました。
利用者の皆さんと地域の「まつわかい」という協力団体とのコラボレート活動です。

毎年恒例の活動なのですが、これって高社で作っているのではないのですよ。
以前から話していますが、高社は職住分離・昼夜分離をコンセプトととして掲げていますので、
やっぱり調理ができる地域資源を利用して作っているんです。
地域の方々とね!
こんな感じ↓何?このクオリティーの高さ!
KVJGC.jpg
北は新潟県は上越。南は諏訪までが高社の活動フィールドです。
色々なところに出没しますので会った時には宜しくお願いしますね。

2016年02月16日

総合安心センターの名前が決まったのと、完成間近と・・・

野口です。

総合安心センターの名前が決まりました。
のぞみの郷高社の職員で名前候補を幾つかあげて。

最終的には「サポート24」と「はるかぜ」の決選投票となったのですが・・・

決まりました!
「はるかぜ」!です。

総合安心センター「はるかぜ」!と命名されました。

で、昨日総合安心センター「はるかぜ」の説明に佐久圏域にお邪魔させて頂きました。
↓こんな感じ
;lmnbvcxcvb.JPG

概要も合わせて制度的な詳しい部分は神戸さんにお任せで、私は入所施設から生み出された「はるかぜ」を
説明させていただいたのですが・・・資料忘れちゃって。えへへ。

まあ切り替えて行かないとな!

そんで現在の工事状況はと言いますと。
↓こんな感じ
addxv.JPG
順調に進んでおります。

後は職員体制なんですが。まだまだ整備できておりません。
とは言え何とかOPENには漕ぎつけます。
「はるかぜ」にご期待を!
野口



2016年01月29日

会議は楽しくもあり、大変でもありますね。

本日、日中活動のリーダー会議があり、20:30までの白熱した議論がありました。
司会と参加者のコラボレーションにより結論まで辿りつき何とか会議終了です。
[@;.,.jpg
でもまあ・・・会議が終わっても皆さん色々な話があって事務室はこんな感じ・・・
疲れてるのだから、早く帰れば良いのに。
.,lk.jpg
組織としてはドンドン強くなって喜ばしいことですが。
季節的にも体力的にも心配ですなぁ。

野口

スタッフブログ

最近のブログ記事

カテゴリ&アーカイブ

PAGE TOP

PAGE TOP