2017年05月09日

中野市手をつなぐ育成会総会でお話させて頂きます!

野口です。
本当に嬉しい事がありました。
中野市の手をつなぐ育成会さんから講演の依頼があったのです。
こんな感じ⇓
IMG_2472.JPG
これまで長野県育成会さん、長野市育成会さんで講演
させて頂いたのですが、のぞみの郷高社やはるかぜがある中野市。
地元でお話させて頂く機会は中々なくありませんで・・・

地元だからこそ!物凄い緊張です!ヤヴァイです!
でも全力でお話させて頂きます!

野口

お知らせ・案内

2017年05月02日

時事通信社さん!ありがとうございます!

野口です。

4月28日発行の厚生福祉(時事通信社)という雑誌に、のぞみの郷高社と「はるかぜ」の取り組みが
取り上げられました。こんな感じ⇓
;。あpw.jpg
こんな感じ⇓
;;llj.jpg
先年度の一月位に取材を受けて、「いつ発行なのかな?」と思いながら時は経ち
先日発行となった様です!

まるまる1ページ使って下さって・・・
写真付きで・・・
すげぇ大きく取り上げて下さいました。本当に感謝です!

記事の内容ですが・・・
正直こんなに的を得た、良くまとまった内容は驚きで。
私の言いたかった事、これまで行って来たことを非常に濃く深く、でもコンパクトにまとめて下さいました!!
記者さん!!ありがとうございます!!

私達の取り組みをこれまで紹介して下さったテレビや新聞、雑誌等々。
客観的に改めて俯瞰でみると・・・手前みそになってしまうのですが、「すげーことやってるなぁ」と
我ながら感心してしまいます。

身近な方が仰っていたのですが・・・「既存福祉への殴り込み」という表現がありました。
別に殴り込んではいないのですが、そういう捉え方もあるかな?と。

先日、のぞみの郷グループの職員のみんな全員ではないのですが、一堂に会してお話する機会があったのですが。
職員全員しっかりと同じゴールを見据えているのですよね。
ゴールへのスピードに関しては人それぞれではあるのですけ
ど、向かうゴールはみな同じ。ビジョンの共有ができている。しかもそれが5年~7年の期間でということも
解っている。だから目の前の「すべきこと」を見つけ、直ぐに「取り組める」。これがスピード感や推進力を
生み出しているのだぁ!!と思いました!

今後ののぞみの郷高社・はるかぜに注目していて下さい!!
野口

お知らせ・案内

2017年04月28日

研修・講演のお知らせ。

野口です。

今年度7月13、14日に東京ベイ幕張で行われるフォーラムで登壇が決まりました。
こんな感じ⇓
;lmkm.jpg
第三分科会「地域共生社会」の実践に向けて
~暮らしたい場所で暮らしたい人と生活するために~
で講演、シンポジストとして登壇します。
こんな感じ⇓
のぬぶhぬ.jpg
私の講演って、去年も7~8回あったのですけど・・・
自法人の方々って、たぶん一人として聴いたことはないと思います。
とほほ・・・

他法人の方々や他事業所の方々のほうが「のぞみの郷高社」「はるかぜ」の取り組みに関しては理解が深いという
何とも言えない現象が起きているのでス。

今回は自法人の方々も毎年一定数参加する伝統ある大会ですので、できれば私の分科会に
参加してほしいなぁ~。

野口




お知らせ・案内

2017年04月25日

新グループホーム。着々と進んでいます。

野口です。
新グループホーム。着々と完成に向けて進んでいますよ。
工程会議の図⇓
dfghjm.jpg
新グループホームの事務室スペース⇓
kjmm.jpg
写真はありませんが、上記グループホームと同時進行で強度行動障害に至ってしまった利用者の方々が活動する
新日中活動場所も近々OPEN予定でス。

まぁ・・・
例えば、家に火が着いたら火事にならない様に直ぐ消化するのですけど。
福祉の仕事(人)って火は消さないで、そこに住む人に一人マンツーで消防士付けるんで。
そんで、もう安心ですよ!って・・・安心じゃねー!
まあ、やたらコストがかかるのですよね。
火を消す、または火が着かない家に移動する方がコストかかると思っちゃうのです。

そして火が着いたままの家に消防士はドンドン増え、結局消さなきゃならない時には過剰な消防士の数になってるみたいな。
または消防士の数を揃えられず破綻して家が業火に包まれちゃう。結局、圧で避難させちゃうるとか?

まあこれが強度行動障害支援の上手く行かない原因の一つなんですけどね。

また進捗状況を報告します!

野口「




お知らせ・案内

2017年04月17日

4月17日朝刊・読売新聞さんが取り上げて下さいました。

野口です。
本日4月17日の読売新聞朝刊で
「のぞみの郷高社」と「総合安心センターはるかぜ」
の取り組みが載りました。

こんな感じ⇓
s-xdcfre.jpg
障がい者とそのご家族が地域で暮らして行くって結構大変で・・・
ご家族は追いつめられて、選びたくないもない選択肢を選ぶしか無くて・・・
結果目を覆いたくなるような悲しい事件もあって・・・

地域移行とか地域生活って福祉の世界ではもう定型句になっているのですが。
定型句になっただけで、本当の意味での地域移行や地域生活の実現はまだまだ遠いと私は思ってます。

結局・・・定型句を言いながら「臭い物には蓋」「見て見ぬふり」の割合が多いのではないでしょうか。

私は頭はあまり良くないのですが、「起きてはけない事」「まかりとおってはいけない物」の区別は一般的ですが付きます。
福祉の仕事を選んだのだから、私はそれらにずっと立ち向かって行きたいと思うのです。

そんな取り組みを読売新聞さんは取り上げて下さったと思っています。
読売新聞さん!ありがとうございます!!

そういえば・・・今月中に他の刊行誌にも取り組みを載せて頂けるとの事。
また報告しますね。

野口






お知らせ・案内

2017年04月10日

久しぶりに「まーぶる」の紹介

野口です。

新年度という事で、のぞみの郷グループの各事業所に訪問してます(一応所長なんで)。
で、「まーぶる」ですが。

セールやってました。冬物の・・・
しかし、佇まいとか随分立派にならっしゃって。
こんな感じ⇓
IMG_2398.JPG
室内もショップとワーキングスペースが上手く溶け込んでいて
何だか良い感じです。
こんな感じ⇓
5rgd.jpg
定員もほぼ満員とのこと。っていうか織機を置くスペースが確保できず
希望される方の利用に追い付かない現状とのことです・・・。

プレOPENを含めると2年若ですかね。今後も内装に手を入れて
カフェ的機能も持たせるとのことです。

近々中野市の谷厳寺でもイベントがあるとのこと。
今後の「まーぶる」にご期待下さい!!
野口


サービス案内

2017年03月28日

高橋所長 送別会

野口です。
法人にとってものぞみの郷高社・はるかぜにとっても大事件が起きました。
起きることはもう数年前から解っていて・・・
できればその時が来なければ良いと考えながらその日を迎えようとしています。

高橋所長の定年退職です。


私のキャリアスタートは「常岩の里ながみね」です。
その時の所長が高橋所長です。
そしてのぞみの郷高社へ異動しました。
その時ののぞみの郷高社の所長も高橋所長です。
そして高橋所長の後を継ぐ形で、私がのぞみの郷高社の所長になりました。

わたしにとっては最初の上司であり最後の上司でもある訳です。
色々な考え方の根本に高橋所長の考えが私の中に根付いており、窮地に陥った時には完全に高橋所長に
なりきって解決方法を考えます。

これまでの功績は言うまでもなく、今後のご健勝をお祈りします!
山田さんから花束贈呈の図⇓
;pp.JPG
中井さんから最中贈呈の図⇓
nolw.JPG

お知らせ・案内

2017年03月22日

静岡県三島市NPO法人「けるん」さんと出会う事ができました!!

野口です。
静岡県三島市で講演させて頂きました。

「けるん」の職員さんとの写真です。
えーっと・・・第2部の研修会場はお寿司屋さんでして。
s-ffvfvvvvvvvvvvvw.jpg
私の向かって左隣にいらっしゃる女性の方が「けるん」理事長であられる福井さんです。
で右隣にいらっしゃる男性の方が地域生活就労サポートセンター管理者、相談支援専門員の朝倉さんです。
そしてその隣がけるん就労移行支援委業所(ゆめのこ)管理者であられる栗原さんです。

ちょっと福井さんの事を話したいです。
とてもお若く、活発で、エネルギーが身体からあふれ出ていて、その零れ落ちるエネルギーが周りの人間に触れると、
そのパワーが伝播して周囲の人たちも動き出す。みたいな・・・

しばらくご一緒させて頂き自分がどんどん元気になる感じ?皆さんそういう感覚ってわかるでしょうか?
「あぁ・・・こういう方が福祉の世界にいらっしゃるから日本の障がい福祉は未だ破綻しないのだな」
っと率直に思いました。

「けるん」の事業所も見学させて頂いたのですが。
私「はるかぜ」っていう24hサポート事業所やってるんですが・・・
う~ん。「けるん」さんは「はるかぜ」をもう通り越してるんじゃないかって。

利用者さん、そしてそのご家族の「けるん」に対しての信頼がひしひしと伝わってくる出来事が30分の事業所滞在の中で次々と起きて・・・
そして職員の皆様が福井さんという灯台を目指してそれぞれの移動手段で障がい福祉の実践を行い向かって行く。
私の立場は事業所所長なんで問題発言になるんですが「ここで仕事したい!!」って思っちゃいました。
福井さんは私から元気をもらったって仰って下さいました。正直とんでもないです。
今回一番救われたのは私です。今年度最後の研修で素晴らしい出会いがあった事を本当に感謝します。

明日から、そして来年度新たに頑張ろう!!と思う事ができました。
翌日は快晴で、富士山が見えました。
「三島から見える富士山は「えくぼ」があって、それこそが富士山なんですよ」
と栗原さんが教えてくださいました。
あ、本当だ・・・⇓
s-12wdfgb.jpg
ゆっくりしたかったけど、早く帰らないといけなくて。
なんだか大学を卒業して長野県に帰る様な寂しさでした。
野口

お知らせ・案内

2017年03月09日

静岡県は三島市へお招きいただきました。

野口です。
前回のブログで何だかドライにしれっとお話させて頂きましたが、今年度最後の他県研修となるであろう
静岡県三島市で行われる研修会、講演の内容がネットにありましたのでお知らせします。

実は・・・これ凄い嬉しいんです。何故ならば、「NEXT未来のために」の放送後、そして番組を見て下さってからの
ご依頼で。
やっぱり若干誤解のあった放送内容で・・・でも、その上で私をお招き下さるのです。
私を呼んで下さった特定非営利活動法人けるん様、理事長であられる福井様、本当にありがとうございます。

今年度最後ということもありますが、160%の全力以上の力でお話させて頂きます!!

こんな感じ⇓






お知らせ・案内

2017年03月08日

雪もずいぶんと融けて、春間近です。

野口です。
のぞみの郷高社の中庭の雪。
結構融けました⇓こんな感じ
s-fff.jpgのサムネイル画像

来月にはもう新年度ですね。
今年度は色々あったなぁ~・・・
来年度は何があるのでしょうか。
良い事も良くない事も沢山あるのでしょうけど、全てひっくるめて楽しみです。

今年度はちょっと事業所を留守にすることが多くて。
別に遊んでいた訳ではないのですが・・・
とにかく研修や講演が多かったと思います。

研修等で伺った県ですが。
京都、東京、山形、石川、山梨、埼玉、鳥取・・・あ、京都と埼玉は2回ずつ行ったなぁ~。
県内を考えると何だか数えきれない感じ。
3月は静岡は三島市での研修にお招き頂いており、多分それが今年度最後の他県研修参加
となると思います。
私をお招き下さった皆様、本当にありがとうございました。また、今後とも宜しくお願いいたします。

来年度、のぞみの郷高社、総合安心センターはるかぜ等々のぞみの郷グループは多分、最前線になるはずです。
現在だって最前線ですけど・・(何をもって最前線とするのかは微妙なんですけどね)

だから私も気合を入れたいところです。

とは言え、この3月という時期って気合いが中々入りませんよねぇ。
はぁ~。どうしたものか・・・
野口








お知らせ・案内

スタッフブログ

最近のブログ記事

カテゴリ&アーカイブ

PAGE TOP

PAGE TOP