カテゴリ : お知らせ・案内

2014年03月12日

法人サビ管連携会議

本日夕方、法人の所長・副所長・サビ管が一堂に集まり会議を行いました。
会議と言いましても・・・

お得意のグループワーク!グラフィックファシリテーショーン!
何ですけど・・・

いや、でも皆集まると20人以上ですので、通常の会議スタイルでは意見なんて中々言えない雰囲気になっちゃいますから
グループワークはよいですよね。
少数だから意見を出しやすいですし・・・

↓こんな感じ

^^^.jpg
そして私のグループ(グループ名は「おろち」)は
こんな感じ↓
ゆ8」「.jpg

ふっくら工房の海野サビ管!
発達サポーターズねくすとの綿谷サビ管!
やまとサービスセンターの中島サビ提!
常岩の里ながみねの池田サビ管!
そして私・・・
のぞみの郷高社の私野口でした。

グループ毎に我々法人職員が目指すべき地域を考えたのですけど・・・
地域じゃないですね
「目指すべき世界」です。
チーム「おろち」はこんな感じ↓
すりt.jpg

シブいです。かっこいいです。
じゃ、この世界を作るために明日からどんな仕事をするか
どんな社会資源を作り出して行くのかを延々と語り合う時間でした。

理想を語るというのは中々照れるものです。
でも案外照れちゃうような言葉や思い、姿勢っていうのがズバリ真理だったりします。

管理者やサビ管ってちゃんと照れずに、いや照れても、大きな声で真理を言えなきゃだめですよね。
そうしないと現場の支援員さんは迷っちゃいます。

現場の支援員さんが行う食事介助、その右手のスプーンで食物を運ぶ一つ一つが動きの全てが「何」に繋がっているのか
利用者さんを乗せてドライブする運転の方法、ハンドルの動き、その全てが「何」を創り出すために、「何」に向かっているのかをちゃんと
話せるサビ管、管理者じゃないとだめですよね。

野口


お知らせ・案内

2014年02月21日

自立支援協議会にて

今日は自立支援協議会の全大会で

「サービス等利用計画の導入で当事者は何を得たか?」

みたいな?
シンポジウムに私のクライアント(当事者、相談者)様と一緒にシンポジストとして出席させて頂きました。

事例報告とかって大半は当事者から!または相談員から!
見たいな片方通行だと思うのですけど、今日は両方通行だったんです。

私のクライアント様はこれまでの社会経験から全然落ち着いているのですけど、私なんかもうソワソワしちゃって・・・

結果的には私が相談者に「おんぶにだっこ」で何とか乗り切れました。
しかしクライアント様のお話は感動的でした。

ziritu.jpg

野口

お知らせ・案内

2014年02月18日

長野県サービス管理責任者研修 松本会場

今年度も長野県サービス管理責任者研修にファシリテーターとして参加させて頂きました。
全体的にも、私のグループもとても活気があって素晴らしい研修だったと思います。

会場は松本だったのですが、先週の大雪のダメージが残っており、会場駐車場も残雪で厳しい状況となっていました。

そんな中でも、皆さん明るく元気にグループワークに参加し、研修を盛り上げ、作り上げて下さいました。
皆さん(1グループの皆さん)お疲れ様でした。

なお、毎年ファシリとして来て下さる(元)南信事業所の主任で、現長野圏域にいる男性が今回来ておらず、かなり厳しかったですよ。
そうだん22.jpg

野口

お知らせ・案内

2014年01月20日

これまでの出来事のまとめ

色々なことがあったのですが中々更新できず現在に至っています。
ちょっとこれまでのことをまとめてご報告いたします。

まずは・・・
11月の終わりにあった法人保護者全体総会。

ここで「のぞみの郷高社」の取り組みが発表がりました。
会場は100人位だったと思います。

田中支援員・上田支援員・石沢支援員の3名による
「入所施設から普通の生活への挑戦」と題して

✪「どんな人でも夕方~夜間の外出サービスを可能としたシステム報告」
✪「どんな人でも地域の美容院や理容店で調髪ができる為に」
が報告されました。
↓発表前の様子
IMG_2458.jpg
IMG_2456.JPG


12月の中旬には「のぞみの郷高社、大忘年会」が行われました。
場所は地域にある式場をお借りして盛大に行われました。
↓こんな感じ。
P1050265.jpg

これまで忘年会はのぞみの郷高社事業所内で行ってきました。でも・・・
福祉事業所の行事、特に生活支援を主に行っている入所施設の行事って結構ジレンマを抱えています。

地域の皆様を招待して、盛大に行う場所がご利用者様の「生活空間で」って可笑しくないですか?
ご家族、ご親戚等の極仲間内で行うのならば解りますが・・・

忘年会に限らず行事その物も
「本当に利用者様は参加したいと思っているのだろうか?」
「当日参加はしたいけど準備に巻き込まれたいと思っているのだろうか?」
なんて考えまして・・・

今後のぞみの郷高社の行事の全ては生活空間では行いません。
利用者様が企画する行事は利用者様は十分巻き込まれてもらいますが、職員企画の行事に
関しては「巻き込まれたい」という希望が無い限り「巻き込み」ません。
参加も自由です。

という事で「新年会」は
温泉宿・中華料理店・和食店・カラオケの4つから場所を選び、昼と夜の2種類の時間帯を選んで参加という形態で開催しました。

さて・・・最近の出来事と言いますと。
知障協の自閉セミナー4回目が諏訪で行われました。
もう10年行われている歴史あるセミナーです。
毎年、私(野口)もスーパーバイザーとして参加させて頂き勉強させて頂いているのですが、本当に深いセミナーだと思います。
↓こんな感じ

IMG_2596.JPG

自閉症スペクトラム(ASD)の皆様への支援は専門性が本当に必要です。
でも専門性=技術なんて簡単に思わないで欲しいな。と・・・

日本でアメリカ人が道に迷っていたら、日本人はどの様にサポートするのか?
アメリカで日本人が道に迷っていたらアメリカ人はどんな風にサポートしてくれようとするのか・・・

想像すると結構簡単です。

でも・・・
全く知らない文化圏のホニャララ人が道に迷っていたら、まずどうします?
結構、色々すっ飛ばして自分達の文化圏のやり方で強引にサポートしようとしちゃうのが多いのですよね。
だってホニャララ人の事を「知らない」し「わからない」から。
挙句に「どうして解ってくれないんだ!」
なんて怒ったりして。

当たり前のことをすっ飛ばして、やれカードだタイマーだっていうのは違いますよね。
そして「どうして解ってくれないんだ!」って・・・
ここの部分が解っていると技術的な部分なんて後からどうにでもなるんですけどね。

ここ最近はこんなことが起きていました。

野口








お知らせ・案内

2013年11月24日

鈴木サビ管補助の結婚式がありました。

鈴木サビ管補助の結婚式がありました。

↓鈴木サビ管補助と新婦さん。それと田中支援員と斉藤支援員

momomomo.jpg

 

KIDSたちからお花のプレゼント。

.;@p.JPG

とても幸せそうなお二人で、とても素敵な結婚式でしたよ。

野口

お知らせ・案内

2013年11月07日

事業所対抗!高水福祉杯 大バトミントン大会!!

 

高水福祉杯 事業所対抗バトミントン大会が行われました。

事業所ごとに5つのチームに分かれて競いました!

開会式の後、高社の美少女?田中支援員(男)指導の元ラジオ体操!(メイクは高社職員上田)↓

ラジオ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バトミントンは熱戦を繰り広げ、高社全職員が作った応援ペイプサートにも励まされ・・・

戦っている方も応援している方も息がぴったりでした。

そして、心を一つにして頑張った結果は・・・

第3位!!!!!(^^)!

去年は4位だったので順位が一つ上がりました!

初めての賞金も手に入り何を買うか楽しみです!

最後にチームで写真をパシリ!これも息ぴったりでした。

しゃ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和気あいあい!仲良し高社職員でした。

上田

お知らせ・案内

2013年08月10日

本日、夏祭り開催!

「^.jpg

夏祭りの準備が着々と進んでおります。

 

本日17:00から、のぞみの郷高社敷地内で行います。

 

19:00には本格的打ち上げ花火も上がりますので、是非寄って頂ければと思います。

 

野口

お知らせ・案内

2013年08月03日

夏祭りを開催いたします。

日時 8月10日 土曜日

時間 17:00~

場所 のぞみの郷高社 敷地内

 内容 

●花火師さんによる本格的打ち上げ花火

●カレーー、フランクフルト、たこ焼き、焼きそば、スイカ、から揚げ、すいか、きゅうり、水風船、

 スーパーボール釣、光るブレレット・・・

☆数に限りはありますが、全て無料です!   

 

ちょっと顔を出すだけでもよいですので皆さんのお越しをお待ちしております。

お問い合わせ 0269-23-2751 担当 田中まで

夏祭り!!.doc

お知らせ・案内

2013年08月01日

再び南原苑さんが来て下さいました。

mou23 (1).jpg

南原苑さんが2回目の研修に来てくださいました。

今回も意見交換会を実施しまして、大変有意義な情報交換の場となりました。

ということで、恒例となった高社のシンボル「裸婦像」の前で記念撮影。

南原苑さんありがとうございました。

野口

 

お知らせ・案内

2013年07月05日

視覚ガイダンスの取り組み(南原苑さんの取り組みから)

先日、南原苑さんが研修に来て下さり、そこで意見交換会が開催されました。

南原苑さんの取り組みの中で、視覚的ガイダンス(それだけではないですけど・・・)の話題になりました。

 

その取り組みに高社の職員も刺激を得た様子で、沢山の視覚的ガイダンスがその日、その都度、利用者様一人ひとりに

合わせて作成され始めています。

 

↓こんな感じ

nono.jpg

 

職員はASDの濃い方に対しての視覚支援という限定的な概念から

「誰もが解りやすい親切な案内」

という意識を持ち始めてきた様子です。

 

のぞみの郷高社の特色の一つとして

「地域の社会資源を使って、現地で本物の活動をする」

というものがあります。

 

毎日が、やれ水族館だ、やれ消防署だ、やれ山だ川だと忙しく、一定のスケジュールというものが殆どありません。

食事もレストランからコンビニ・・・弁当、移動も車から電車、バス・・・

これはASDの薄い範疇の職員でさえ視覚ガイダンスが欲しい現実がありました。

 

そういった毎日に対して、利用者それぞれに音声ガイダンスだけではなく、視覚ガイダンスを用意していく。

とても素晴らしいです。

 

先日、ある利用者さんは視覚的ガイダンスによってスムーズに活動を終えたあと、そのガイダンスに使われた

写真とスケジュールカードの回収を拒まれ、宝物の様に今も大事にしまっているとのことです。

(南原苑さんありがとうございます)

 

野口

 

 

 

 

 

お知らせ・案内

スタッフブログ

最近のブログ記事

カテゴリ&アーカイブ

PAGE TOP

PAGE TOP