2018年03月03日

久しぶりの投稿です・・・m(__)m

はるかぜ中島です。

更新が滞っていました。

特にインフルエンザにかかっていたとかそう言う訳でもなく・・・

ただただ滞っていましたm(__)m

今日は北信圏域内にあります、木島平村で行われた「木島平村社会福祉大会」に

北信地域障がい福祉自立支援協議会の権利擁護部会・啓発研修PJという立場で伺わせて頂きました!!



DSC_0043.JPG


「権利擁護ってなに?」というお題のもと部会の同士数名で寸劇をさせて頂くためにお邪魔したのですが、

まず会場に入ってびっくりしたのがご出席されていた方の人数です(゚Д゚;)

150名程の方がご出席されてたのではないでしょうか・・・

この大会に込められた意気込みを感じました!!!

そしていよいよ開会です。

堅苦しく始まるのかと思いきや・・・

冒頭で区長会長様が方言を交えてどっと笑いの沸いた開会宣言となり、

その後の議会議長の祝辞でも開会宣言と絡ませながら笑いをとり、とても和やかな雰囲気となっての私たちの出番となりました(>_<)

20分ほどの寸劇でしたが予め場を盛り上げて頂いた中だったのでとてもやりやすく、あっという間の20分でした!

それにしてもお婆さん役だった小林さん、ナイスでした(^O^)/



今回お邪魔させて頂いた大会ですが、目的の中に、

「誰もが住み慣れた地域で、その人らしく安心して暮らしていくためには、村民一人ひとりが地域の一員として、見守り・声かけ活動など、

顔が見える地域での取り組みを通して、人と人との絆について考え、支え合いを再構築することや、地域福祉関係者は連携し、こうした地域での

福祉活動を推進・支援する役割が求められています。」

という一文がありました。

老若男女問わずこんなに大勢の方が参加される木島平村さんはきっとその目的がブレず、突き進んで行く住みやすい処なんだろうなと

大変強く感じました!!

今回はこのような機会を頂きまして本当にありがとうございました!!!


はるかぜ 中島

PAGE TOP

PAGE TOP